スタッフブログ

着々と進んでいます・・・愛知県東郷町の古民家再生現場より

松浦克美 自己紹介へ

東郷町の古民家再生現場「K様邸」

工事も順調に進んでいます。

 

断熱材をしっかり入れた天井もでき、

古色仕上げを施された柱、丸太梁、

なべさんの下塗りも済んで、桧の床貼りを待っています。

 

下では寺やんが、

既設の差鴨居に合わせて、

内障子の敷居を入れています。

 

隣の棟では、

荒ちゃんが、丁寧に掃除を。

銀色に見えるのは、キッチンの床暖房部分です。

 

今回は、なら材のフローリングを貼っています。

 

カメラを向けると喜ぶ荒ちゃん。

 背後の壁は、キッチンが取り付くため、

しっかりと垂直をみて下地の胴縁を流してあります。

 

緑色のものはスペーサーで、

あらかじめフローリング間に隙間をもたせる役割をしています。 

フローリングが膨張した際の動きを吸収し、

反りなどのトラブルが発生しにくくしています。

 

 床貼りもあと少し。

蒸し暑い時期ですが、みんながんばろ-!

記事一覧|2015年7月

ページトップへ