スタッフブログ

早くてキレイ。さすが専門職のパテ屋さんです#名古屋市/戸建/リノベーション

こんにちは。河合です。

みなさんのところにもサンタさんやってきましたか?うちの家にも、やってきました。いい子のところにはサンタさんやってくるんだよ!と息子たちには話しをしていましたが、頑張ってお片付とかしていたので、来てくれたようです。 朝にプレゼントを見つけた時の無邪気な笑顔は良いもんですね。

さて、名古屋市天白区のK様邸リノベーション工事現場では、内装仕上げ工事が始まりました。天井・壁共にしっくい塗りの仕上げなのですが、今回パテ処理をなべさんではなく、専門職のパテ屋さんにお願いしました。

塗装屋さんの川脇さんの紹介でお願いしたのですが、どんな感じで作業するのか、仕上がるのかゼンコウも興味がありました。

朝一、パテ屋さんの竹田さん登場。挨拶を済ませ、さっそく作業開始。

石膏ボードのジョイント部にファイバーテープを張っていきます。 あれ? いつも使っている物と違いました。いつも使っているのは巾50ミリのタイプ。竹田さんが使っているのは巾35ミリのタイプ。それに厚みが若干薄い気がする。

話しを聞くと、50ミリも使う事はあるけど、割れるのはジョイント部だけだから35ミリのタイプで良くて、その方がパテの巾も小さくできるからとこと。 

さすが専門職のパテ屋さん①#自然素材や無垢材フローリングを使ったオンリーワンのリノベーション 名古屋市 天白区 戸建住宅リノベーション/リフォーム 

 

ビス穴も合わせて、パテ処理をしていきます。 さすが早い!!!そしてキレイ。

 

さすが専門職のパテ屋さん②#自然素材や無垢材フローリングを使ったオンリーワンのリノベーション 名古屋市 天白区 戸建住宅リノベーション/リフォーム 

 

使っている道具を聞くと、コテも2.3か月で新しいものに交換するという事でした。そうしないとコテが引っかかってしまい、仕上がりに雲泥の差が出るということです。

実際、パテ処理した場所をさわってみました。 すごい!!すっごい滑らかにジョイント部が処理されています。 いやはやさすがです。

とても忙しいみたいで、なかなかお願いできないかもしれませんが、タイミングが合えば、またお願いしたいと思います。

 

さすが専門職のパテ屋さん③#自然素材や無垢材フローリングを使ったオンリーワンのリノベーション 名古屋市 天白区 戸建住宅リノベーション/リフォーム 

 

         お問い合わせはこちらから

 


名古屋を中心に愛知県内で、自然素材を使った木の家を建てている 大工さんのいる工務店

自然素材を使った古民家再生ナチュラルリフォーム・リノベーションをてがける松美建設です


 

 

記事一覧|2016年12月

ページトップへ