スタッフブログ

バルコニー防水工事が終わって、少しほっとしました。

河合善行 自己紹介へ

こんにちは。ぜんこうです。

飛島のI様邸民家再生工事現場に行ってきました。

今日は、以前よりお施主さまが一日外出されると聞いていましたので、内部の造作工事はせずに、工場での作業とし、代わりにバルコニーの防水工事に入ってもらうようにしました。

バルコニーの防水は、木造で下地を作っているので、FRP防水を行いました。お施主さまが外出して頂いている日をねらったわけは、FRP防水は臭いがかなりきついので、家の中にいるとクラクラしてしまう恐れがあったので、ベストタイミングでした。

まずは、木下地の角(カド)を取る作業を行ってます。防塵マスクをして、サンダーで角を削っていきます。

 

しっかりと掃除を行った後に、プライマーを塗布し、FRPの専用下塗り材樹脂材を塗布し

ガラスマットを張り付けていきます。再度、FRPの樹脂材を塗布していきます。

 

 

渇き具合を確認後に、トップコート仕上げを行っていきます。

なんとか、真っ暗にはなりましたが、一日で仕上げていってくれました。

お疲れ様でした。

 

 

 


 

      お問い合わせはこちらから

 


名古屋を中心に愛知県内で、自然素材を使った注文住宅・木の家を建てている 社員大工が造る工務店

自然素材を使った古民家再生ナチュラルリフォーム・リノベーションをてがける松美建設です


 

 

記事一覧

1ページ (全133ページ中)

ページトップへ