◆床の一部をスノコの床に。ダイニングに天窓からの光を届けます。

2018/01/13(土) 古民家再生

 

豊田市の古民家再生現場では、大工のあらちゃんが、木工事の最終段階へと差し掛かっています。今日は、2階の収納部屋にスノコ床を取り付ける作業を行っています。工場でなかさんが加工したベイツガの材料をまず、端と端に固定。寸法を確認して、スノコのあき寸法を確認します。

天窓からの自然光をリビングへもたらしてくれるすのこ床、すのこの光と影も楽しめ、また採風もできデザイン的にも美しい。マツミではよくデザインに取り入れています。

さてさて、どんな感じに仕上がるでしょうか。楽しみです。

 

 

 

インスタグラムマツミ3つのアカウント

 

カタログ無料プレゼント

お客様のライフスタイルやご要望に合わせて、理想の住まいを実現できるよう、心を込めてお手伝いさせていただいております。

 

1ページ (全146ページ中)