◆東濃ひのきの選りすぐり無垢フローリング

2018/02/21(水) 古民家再生

知多市の古民家リフォーム現場のY様邸では、ひのきのフローリング張りの工事を始めました。東濃ひのきの節の少ないものをマツミ用に選りすぐり納入していただきました。床を張っていく前に、マツミの大工のあらちゃんは下準備を行います。というのも、真壁の納まりのところもありますので、柱をしゃくっていかないと納まりがきれいにいきません。専用の道具を使って、しゃくりをいれていきます。

終わったら、墨出しです。フロアーの巾に合わせて、部屋全体の大きさから、フロアーを仮割していきます。びしっと割付が終わったら、一枚目を張ってきます。

割り付け完了後、桧のフローリングを張っていきます。知多市の古民家再生現場

 

一枚目をびしっと張ったら、順番に張っていきます。

材料によって違いますが、ひのきのフローリングの場合は、一枚一枚の間を空けずに、付き付けて張っていきます。

 

キズが付かないようにあて木をしながら張っていきます。知多市の古民家再生現場

 

桧のフローリングをカットしました。知多市の古民家再生現場

 

 

 

インスタグラムマツミ3つのアカウント

 

カタログ無料プレゼント

お客様のライフスタイルやご要望に合わせて、理想の住まいを実現できるよう、心を込めてお手伝いさせていただいております。

 

1ページ (全145ページ中)