古民家の壁・これは、なんやろな~。 #岡崎市の古民家再生

今日は古民家再生中のHさま邸に軽トラにまたがりひとっとび。 まだまだ、冬らしくないので、伝わりにくいのですが、断熱工事と断熱サッシのついた現場の中は、快適になってきました。

現場では、棟梁の青木さんに作ってもらったヘンテコなものがあります。

 

            ホイじゃない!!愛知県岡崎市 無垢材/自然素材の材料を使った古民家再生 

でっかい金魚すくいのあれ(ポイ?)!みたいになっています。

違います!! 

これは、土壁を丸くくりぬいて、竹小舞や貫をそのまま残しながら、飾り窓を造る為に、大きさをどうしよ~と

検討するために作ってもらいました。写真のタイプは、90センチの大きさですが。。。。

「う~~ん。。。。。ちょっと大きいような。。。」

ということで、75cmタイプも製作。 Hさまみんなに見てもらうことにします。

内部は、構造補強工事の真っ最中。

棟梁の青木さんが、足固めの仕口を加工しています。

この絵(写真)には、何も付け加える必要はありません。 

足固めを入れる青木棟梁。愛知県岡崎市 無垢材/自然素材の材料を使った古民家再生 

 

大工のあらちゃんも、同じく足固め補強を行っています。

足固めを入れるあらちゃん。愛知県岡崎市 無垢材/自然素材の材料を使った古民家再生

そして、なべさん。

なべさん!? 出番早いな~。でも、今のうちに、古いしっくいを落としておかないと、床を組んでからでは

ホコリで床を傷つけることになりかねません。

ということで、なべさんナイス!

。。あ。 奥に75cmのポイ!発見です。

古いしっくいを落とすなべさん。愛知県岡崎市 無垢材/自然素材の材料を使った古民家再生

 

 


名古屋を中心に愛知県内で、自然素材を使った木の家を建てている 大工さんのいる工務店

自然素材を使った古民家再生ナチュラルリフォーム・リノベーションをてがける松美建設です


 

1ページ (全146ページ中)