◆床暖房リノベーションで快適な団地に。床暖房パネルを設置しました。こんなところに?チンアナゴ?

名古屋市名東区の団地のリノベーション工事現場現場では、大工の寺西くんが、床暖房パネルの設置を行っています。今回採用しているパネルは電気式。床下に配管スペースが確保できないのでガス式ではなく電気式を採用しました。パネルの設置は大工で出来る内容なので、設置を行い、電気屋さんに結線してもらいます。注意すべきはフローリングを張る時です。

パネルに釘でも刺したらおじゃんです。

慎重にホワイトオークの無垢材(厚張り3層タイプ)のフローリングを張っていきます。

にょろにょろ出ているのは、パッキン材。無垢材は乾燥で縮小や膨張を行うため、フローリング同志を少し開けておく必要があります。

そのためのパッキン材です。 チンアナゴじゃありません

 

 

1ページ (全146ページ中)