◆解体工事からの床下断熱工事を行っています。天白区野並の改装現場便り。

名古屋市天白区の改装工事現場では、解体工事もひと段落し、下地工事が始まりました。マツミの大工の白井くんが、床下地の作成をしています。まずは、床下断熱工事です。フクビのフクフォーム1型という断熱材を入れています。根太間が今の規格と同じで、303ピッチで入ってくれていたので、カットも少なく使用できました。

 

 

 

電気屋さんのまっちゃんも来てくれました。

大忙しのまっちゃんは、とりあえず逃げだけやって、次の現場に走っていきました。

 

 

引き続いて、しらはんはキッチンの床下地を造っています。

A様邸は、床暖房の設備が入りますので、高さ調整のために根太にパッキン材を

取り付けています。

 

 

戸建てリノベーションお問い合わせはお気軽にどうぞ

1ページ (全146ページ中)