◆一宮市の古民家再生。工事の安全祈願と井戸祓いなどを行いました。

 

朝方が、少し寒くなってきました。昼と夜の寒暖差が大きくなっていますので

風邪をひかないようにしたいですね。

さて、一宮市で、昨年よりお話しを頂いていました古民家再生工事現場で、本日、工事の安全祈願のお祓いと、井戸祓い、工事中には神棚を移動してもらうので魂抜き(生抜き)を行いました。ここまで来るのには、山あり谷ありだったと、お施主様とも話しをしていましたがまだ、舞台に立っていません。これからが本番なので、精一杯、努力していきたいと思います。

よろしくお願いします。

 

工事の安全祈願のお祓いと、井戸祓い、工事中には神棚を移動してもらうので  魂抜き(生抜き)を行いました。

 

昭和初期に農家型の伝統工法(在来工法のひとつ)で建てられた立派なお屋敷。先先代が、丁稚奉公から一代で機織り工場を何棟も建てるほどの方だったとのことで、その方が、若いころに苦労して建てた家を壊すのは忍びない、残したいという思いでマツミにお問い合わせ頂きました。

とても良い材料を使っているのですが、雨漏りが起こっていたり、廻りの土地が嵩上されていくことによる雨水の侵入で、建物の劣化が見えていました。再生事業を行う事により、今の生活スタイルに合った空間を造り、耐震補強を行うなど安心が得られる住宅へ生まれ変わる事と思います。

 

一宮市の古民家再生 

1ページ (全142ページ中)