◆間仕切りもだいぶできてきました。火災修繕工事

 

豊田市の火災修繕工事現場。スケルトン状態からの修繕のため、悩みどころも満載でしたが、スタートすることができました。

クリーニング屋さんの高橋さんに、サッシを先行して磨いてもらい、

サッシ屋さんのコダマさんに塗装工事を行ってもらいました。

 

 

さすが修繕塗装専門の塗装屋さん。新品のようにきれいに塗装が仕上がっていました。

 

 

引き続いて、旭建装さんが軽天工事を行っています。マツミにはめずらしいですが、軽天屋さんにお願いしました。

木下地で下地を組むには、材料の搬入だけでもEVを止めてしまい、住人の方にも

ご迷惑をおかけするということと、現場の状況から判断して、軽天下地がベストだと

いうことで、旭さんにお願いしました。

 

 

RCの現場だと、さすがと言うくらい軽天は早いなと感じました。

間仕切り一つたてるのでも、木下地の場合1本1本下地の長さを確認しながら切らないと

いけませんが、軽天の場合、ランナーと呼ばれるガイドを上と下に流して、その間に

スタッドと呼ばれる角の下地材を入れていくだけ。長さも少し小さめできれば良いだけで

ジャストカットの必要がない。

現場の内容によっては、お願いしようと思える今日この頃でした。

 

1ページ (全136ページ中)