古材を再生した自然素材の住宅が出来上がってきました・・・愛知県知多市の注文住宅現場より

 愛知県知多市

I様邸  完成にあと一歩です。

 杉の外壁をグレーに染めて

 

 杉の格子もグレーに染めて。

 

 

こちら建て替え前の家の木材です。

再生地松の板の上には常滑焼の手洗い器。

 

旧家の書院障子をはめ込み

腰は紺色の雲竜紙。 

 

 

 アンティークな照明を取り付ける「おいっ!」と呼ばれた松川君と

(注:ランプをこすっているハクション大魔王ではありません)

サクラの敷居から再生した手摺を細工する白井。

 

 不定形で味わいのある、ガラスとタイルとしっくい。

 

きれいな肌の杉板。 

 

 空色和紙と深みのある緑色のタイル

その上に座った渋い常滑焼。

 

 旧家の掛け障子は階段部分に使用しました。

 

 玄関の入口には、再生した格子戸を。

 

 

それを開けると大魔王・・・

じゃなくって再生書院障子の間仕切り。

 

年代物がそれぞれいい味をだしています。

 

 

 

 

1ページ (全146ページ中)