◆床下地工事が進む一宮市の古民家再生工事現場です。

2018/03/16(金) 古民家再生

 

一宮市の古民家再生工事現場では、花粉症でくしゃみが止まらない大工の白井くんが、独り黙々と床下地工事を行っています。今日は、縁側の床下地です。掛けを打ち、根太を303mmピッチで留めていきます。防蟻工事を週明けに行う予定のため、捨て貼りは仮置きとなっています。

 

床下工事 古民家再生 リフォーム リノベーション 防蟻工事

山積みとなった床下断熱材。防蟻材の散布が終わったら、敷き込んでいきますが、久しぶりにこんなに多くのフクフォームを見ました。

床下工事 古民家再生 リフォーム リノベーション 防蟻工事

 

先日、小屋裏を掃除した和室の天井ですが、今日は天井材の表面を水拭きしました。何十年というか100年近くの汚れがついていましたので、雑巾はすぐに真っ黒になりました。

古民家再生 天井再生 リフォーム リノベーション

1回濯いだタオルでこの状態です。おかげで手にも茶色が浸みこんでしまいました。石鹸で洗っても、黄色い指先。。。。何が浸みこんだのだろう?

この後、しっかり乾燥させてから、オイル塗料でムラを無くす塗装を施していきます。

床下工事 古民家再生 リフォーム リノベーション 防蟻工事

 

こちらの現場の見学会を開催しています(工事中の現場見学会です)

古民家再生現場見学会開催中

古民家の再生をお考えの方、お気軽にご参加ください。古民家再生現場見学会ページへ

 

 

1ページ (全145ページ中)