ごっつい断熱材と、イメージできるように梁を造ってみました。

 

名古屋市天白区のI様邸リフォーム工事現場に行ってきました。

先日、床の断熱材を入れました。

I様奥様から、床がとても寒い!!とお話し頂いていまして、実際1月ごろ打ち合わせさせて

頂いた時は、本当に冷たくて、スリッパが無いと凍える寒さでした。

そこで、床下地を造り替えに合わせて断熱材を施工することにしました。

その断熱材も通常の断熱材の厚みの2.5倍ほど。性能も3倍程度ある断熱材です。

施工は大変ですが、床からの冷気はかなり良くなるなと思います。

 

 

 

暖炉側の壁に、明り取りの窓を計画しておりましたので、

白井君といっしょに、開口を開けてみました。

「いいね~いいね~」

と話をしていましたところ、熱い視線を感じました。

窓から見られていました。

 

 

丸太の古材をかける計画なのですが、お施主様から「ん~イメージがわかないな~」と

相談されました。

図面を書くということも考えましたが、図面でもわかりにくいだろうなということで

実際に丸太をかけちゃえ!ということで

アルミのジャバラに断熱材を巻いて厚みを出して、黒いシートで巻いて丸太を造りました。

お施主さまにも喜んでもらえて、やったかいがありました。

 

 

戸建てリノベーションお問い合わせはお気軽にどうぞ

1ページ (全146ページ中)