◆揚げ方工事と基礎工事の前準備寸法取り・岡崎市・古民家再生工事

岡崎市のS様邸古民家再生工事は、揚げ方工事と基礎工事の前準備の寸法取りを行っています。

通り芯を出すために、差鴨居の芯を出したり、柱の芯をあたったりしながら、中心線を出して、図面に落とし込んでいきます。

また、高さを確認していきます。この高さの確認が頭が混乱してしまうことがあります。

高さの基準になる線をレベルという水平を出す機械で出してしまうと実はアウトなんです。

高さの基準となる線(ミズ)は、差鴨居の下から5尺8寸(1.76m) 下がった所が床の高さで

一定であるため、この高さを基準とします。

この高さから、土台下端までの高さを検討するわけです。

この高さの線は、レベルで当たるとマチマチになるので、混乱の元となります。

それを荒木大工と確認しながら、すり合わせをしていきます。

 

 

引き続いて、揚げ方工事の前前準備をしています。建物の変形を抑えるため、根がらみをとっています。

 

 

 

 

 

インスタグラムマツミ3つのアカウント

 

カタログ無料プレゼント

お客様のライフスタイルやご要望に合わせて、理想の住まいを実現できるよう、心を込めてお手伝いさせていただいております。

 

1ページ (全146ページ中)