一宮市のIさま邸のリノベーション。左官屋さんのなべさんに来てもらって、しっくいの仕上げ塗りのテクスチャーを確認してもらいました。

こんな感じの凹凸で、いやいや、もう少しこんな感じでと、Iさまも交えながらコテの付け方を決めていきました。

 

ダイニングでは、タイル屋さんの宇佐美さんに来てもらっています。

造作のキッチンカウンターはダイニング側からは、モデム収納のための配線穴も開いていて棚板は可動できます。

キッチン側からは、電子レンジなどの家電収納。なかなかいい感じではないでしょうか。

キッチン奥には、食器棚と小さいカウンター。冷蔵庫を隠したパントリー収納になっています。

輸入タイルのダイニング・キッチンは床暖房です。素敵なキッチンができそうです。

 

1ページ (全136ページ中)