◆一宮の古民家再生・板金屋さんにもなるマツミ大工が仮設シャワールーム作成

2018/12/05(水) 古民家再生

 

一宮市の古民家再生工事現場では、母屋の再生工事の前に、借り住まいとなっている事務所/工場の修繕工事を行いました。

切り離し解体によって、OPENになってしまった箇所をトタンで張る作業を行っています。

下地作成はもちろんの事、ちょっとしたトタン張りもマツミで行います。心配なので筋交いなどの補強工事も仕事の一つです。

 

古民家再生・板金屋さんにもなるマツミの大工さん達。

 

内部では、仮設のシャワールームが、脱衣をするのに寒いという事ですので断熱をした個室を造ろうと、白井くんが下地工事を行っています。

この後、スタイロフォーム板で、覆っていきます。

 

古民家再生・板金屋さんにもなるマツミの大工さん達。

 

完成です。

これで、ブルーシートのバタバタ音にも悩まされずに済むし、断熱部屋も

暖かいので助かるわ~と喜んでもらえました。

 

古民家再生・板金屋さんにもなるマツミの大工さん達。

 

 

1ページ (全146ページ中)