師弟・・・名古屋市天白区の改装現場より

 地元の名古屋市天白区野並では

A様邸 改装工事

が着工しています。

本体は築50年ぐらいで、その後、複雑に増改築が繰り返されています。

小屋裏は高く、立派な丸太も見えます。

 土壁もしっかりついています。

 今回は、松美の社員大工ではなく、

卒業生の本多君にお願いしています。

無口だけど、しっかり仕事を進めていく好青年、

といっても

彼も、いつのまにかもう30の半ば。

二十歳ぐらいの数年間は住み込みで修業していました。

「大工を辞めたい」

           って相談に来たこともあったな。。。。。

頑張っている姿を見ると感慨深いです。

 

 腐りがちな、洗面所の床下も、しっかりチェック。

異常ありませんね。

 

耐力不足の 

壁補強もぬかりありません。

 

 

数日後、

工場にて、枠材の制作に戻ってきた本多君。

既製品でビニール被覆の枠材ではなく、板材から加工していきます。

 

師匠である会長のアドバイスを熱心に聞いています。

 

技術とか伝統は

やはり、人から人に伝わっていくんですね。

 

一方、

現場ではセイワの松川君が・・・

抜けた顔をしてますが、仕事はぬかりありません。

 

1ページ (全146ページ中)