◆通りが悪い部屋の床施工とは。名古屋市天白区の古民家再生現場だより。

名古屋市天白区の古民家再生工事現場では、無垢材ひのきのフローリング貼り工事を行っています。現場は桧の良いにおい。古民家再生やリフォーム・リノベーション工事現場ですと、新築と違い、通りが悪いことが多くあります。通りが悪いというのは、壁の通りが悪い、つまり部屋が四角では無いということで台形になっている状態ですね。

それ自体は仕方がない事ですが、フローリングを張るときは結構厄介で、その形状に合わせて材料をカットする必要があります。大壁仕上がりのリフォームならそんなに手間では無いのですが、この現場のように真壁納まりの時は技術が必要です。

マツミのみんなは古民家再生やリノベーションの経験も豊富なので馴れたもので、そつなくこなしていきます。

 

1ページ (全137ページ中)