建舞・・・注文住宅の醍醐味

 先週、雨の合間を縫って、

緑区「M様邸」の建舞を行いました。

設定した日が、大雨になってしまったので、順延です。

 

 松美のみんなは待ってましたとばかりに、パワフルに動いています。

 

道路より2m高い敷地なので、

レッカーもいつもより小さく見えます。

 

 

 親M様邸を建てさせていただいた本多君も応援に。

 

 

 今回は、「輻射熱」を遮るために、アルミニウムのシートを採用しています。

輻射とは、電磁波(遠赤外線等)を放射し熱が移動することで、

電子レンジを思い浮かべてもらうと解りやすいと思います。

 夏の日中、太陽から放射される電磁波で屋根の瓦は70°C以上にもなります。

屋根に大量に蓄えられた熱は、電磁波として室内に放射され、

人の体などにぶつかるときに熱を発するのです。

輻射熱を家に溜めないためには、輻射熱をはね返す「遮熱」が必要です。

しかしほとんどの建材は反射率が低く、輻射熱を吸収してしまいます。

それが、アルミニウムを使うことによって約97%反射します。

 

「いい断熱材を入れているのに室内が暑くなるのはなぜか?」

その答えのひとつとして、「遮熱」を考える必要がありそうです。

 

1ページ (全142ページ中)