◆社員大工総出で屋根下地を施工。愛知県津島市の古民家再生現場より。

2018/04/05(木) 古民家再生

津島市のI様邸古民家再生工事現場では、屋根の下地工事が行われました。今日もアラテラコンビが共同作業です。

後ろで、なべさんが黙々と野地板を片づけています。

 

既設の屋根は、通りがだいぶ悪くなっていましたので、通りを直しながら屋根を作っていきます。

 

通りを直したら、屋根垂木を流して、ポリスチレンフォームの断熱材を落とし込んで屋根断熱処理を行います。

そして、針葉樹合板を張っていきます。こちらは、なかさん、しらはんコンビがおこないました。

 

漏水の危険を伴うトッップライトは、念入りに防水処理を行いました。

 

大屋根の屋根下地が完了しまいた。通りもビシッと整い、屋根の瓦もきれいにおさまることと思います。

 

 

1ページ (全146ページ中)