◆またも床下に大量のゴミが詰めてありました。愛知県名古屋市有松のマンションリノベーション工事現場より。

先週からS様邸マンションリノベーション工事がスタートしました。2か月ほどの工事になりますが、S様よろしくお願いします。まずは解体工事から。マンションの1階と言うことで、床下はあるだろうなとは思っていました。

畳を上げて床をめくってみると、思った以上に床下のタッパがあって「作業しやすいし、ラッキー」と思って、潜ってみると。。。。。

。。。。。なんじゃこりゃ。

ゴミ溜めでした。

高度成長時代、40年前ほどに建てられたマンション。前しか見てなかった時代、やったもん勝ちということでしょうか。マンションを改装させていただくと、必ずと言っていいほど、大なり小なりこのように残材やごみが捨ててあったり、壁の中に隠してあります。何十年たっても、変わらないのだなと残念に思います。

 

 

見てしまった以上、そのまま伏せてしまっては、マツミではないでしょう。防護服に身を包んで、運び出しました。

全部で20袋位は土のう袋で出たのでは。このくらいで、良しとしましょう。

 

 

てらちゃんは、床の下地と天井の下地を組んでいます。

床下地を組むにあたって、せっかくなんでいれれるところには、床下断熱材をと提案。

少しでも、暖かくなればと思います。

 

 

在来の浴室からユニットバスへの変更で、今日は、浴室のコンクリートのハツリ工事。坂本組さんにハツリをお願いしました。斫ったそばから、ガラを運び出しました。

 

 

1ページ (全145ページ中)