大工のあらちゃん悪戦苦闘中です。

2018/09/03(月) 古民家再生

岡崎市の古民家再生工事中のS様邸では、吹抜部分とロフト部分の壁下地工事が行われています。

大工のあらちゃんが、曲がりくねった梁に合わせて、石膏ボードをカットしていくのですが

これがまた大変です。

 

 

 

S様邸の小屋組みは梁が幾重にも重なっていて、今までにあまり経験の無いくらい複雑な

形状をしています。

その形状に合わせて、一枚一枚カットしていく、大変な作業です。

 

 

それにしても昔の大工さんには頭が下がります。

蛇みたいに曲がりくねった梁をうまく組み合わせて、小屋組みをするんですから。

和室の小屋裏の梁なんて、大蛇みたいな梁があるんです。それをどうやって墨付けしたことやら。。。。

すげ~。

 

1ページ (全142ページ中)