◆外観仕上がりまであと少し。一宮市のK様邸新築工事

2018/03/10(土) 新築・注文住宅

  自然素材を使った木の家のK様邸 愛知県一宮市 注文住宅 外観写真

一宮市のK様邸新築工事現場では、外壁の桧の羽目板貼りも、ガルバリウム鋼板貼りも終わり、外観が仕上がってきました。


自然素材を使った木の家のK様邸 愛知県一宮市 注文住宅 大工工事

二階では、松美の棟梁の青木さんが引き続き桧のフローリングを貼っていました。

松美建設では新築も古民家も、リノベーションの現場でも、無垢の木の材料をたくさん使っています。
無垢材は取り扱いが大変なのですが、健康住宅を考えている方にはおすすめします。とてもやわらかい床材なので、傷も付きやすいですが、合板のように表面だけハゲちゃった。とかはありません。経年でできた傷も味のひとつとして楽しんでいただけます。

そうやって思っていただける方は、ぜひ無垢材を使ってください。

 


名古屋を中心に愛知県内で、自然素材を使った木の家を建てている工務店の松美建設

自然素材を使った古民家再生ナチュラルリフォームをてがける愛知県の松美建設です


1ページ (全146ページ中)