◆ここでもなっていたか。こんなことがあるので、建築途中の現場見学は大事です。

現在、改装させていただいているマンションの改装現場ですが、先月、内部の解体をしていると、やっぱりなという出来事がありました。どんなことかというと壁の間に石膏ボードの残材や木片などを隠して処分してありました。めくってみて「 ふ~。またか」と言った感じです。たまに。いや、よくありますね。少し前のマンションなどには。

昨年、10数年前に木造の分譲を買われて「壁から白い粉が出てきてるんです。シロアリ??」と言う電話をもらい床下に潜って確認してみたら、びっくりするぐらい石膏ボードが埋め込まれていました。 その一枚が落ちて白い粉がでたというわけです。

このマンションは手が込んでいて、石膏ボードにボンドを付けて落ちないようにしてありました。そんな努力するくらいならちゃんと処分しろ!!!

 

おかげで運び出す手間がかなり増えてしまいました。実際に完成した家・マンションは、何が行われているか知る由がありませんので、建てている途中の現場を何度も見させてもらうなど、注意を払ってください。

 

こちらが実際の画像です。

割とよくあることですが、こんなことが許されていたのかと壁をめくってみてびっくりします。マツミはもちろん、きちんと残材は持ち帰り、専門業者に依頼して処分していますので安心してご依頼ください。

 


リノベーションのご相談はお気軽にどうぞ

1ページ (全146ページ中)