スタッフブログ

「築80年 鳴海の古民家再生工事」完成です・・・名古屋市緑区

松浦克美 自己紹介へ

今年の3月に工事を始めた、築80数年の古民家が完成しました。

手入れに困っていた植栽を撤去し、目隠しを兼ねた木格子でデザイン。

 

内部は、巾1.3mのアプローチで、自転車置き場になります。

 

左の腰壁は、唐松。

右の格子は、米松。

正面はアッシュ材、です。

 

玄関ドアを開けると、

 古い建具をそのまま再用した、玄関ホールです。

その建具を開けると・・・

カウンター付のキッチンです。床は桧材。

 

 キッチンの天井は低いのは、新しい梁を入れて、ロフトを増床したためです。

キッチン収納の前にも、奥様のリクエストで古い障子をはめ込みました。

 天井で、白っぽい梁材は新しく入れた梁です。

 

 

 

 居間から、DK~ロフトを見たところです。

家具類もはいってきました。

 ロフト2階は、女の子2人の子供部屋です。

壁・天井は、しっくい仕上げ。床は桧。

 

1階の壁は、和紙を貼ってあります。

 

中庭のデッキはセランガンバツ材なので、耐久性が期待できます。

記事一覧

1ページ (全115ページ中)

ページトップへ